New Visitors:  since June 21 (Official Open on June 4th 2005) Top | Template | Domain |
DoCoMo■ドコモのNEW!プラン診断 (Excel版)■
●ドコモのNEW!プラン診断 [Excel版] ver5.0 [Last Update 2007/12/25]

2007年11月からの新プランに対応した「プラン診断」

大幅に改良され、『新いちねん割引』など、ユーザ歴の年数に応じた割引率を自動計算!

ダウンロードのページ


■このソフトの目的■

NTTドコモの携帯ユーザ(MOVA&FOMA)用に、ズバリ!「もし○○プランだったら・・・」を比較して、最適なプランを検証。 この診断シートでは、過去(最長2年)を見返して、自分の傾向をさぐり、一番お得プランを探し出すことを目的としています。

●【こんな疑問にお答えします】(分析シートの目的):

その月によって利用状況も変わるから、料金も変動しているし・・・、
料金プランを毎月変更するわけにもいかず、何となくそのまま使っているけれど・・・、

Q. これが本当に自分に最適な料金プランなのか!?
Q. このまま、このプランを続けていいの!?
Q. 高く払い過ぎてないかな~!?
Q. いまいち自分にピッタリ合ったプランを把握してない

●【こんな疑問に答えます】(早見グラフの目的):

Q. 今日は20日。そろそろ月末に近い。今月はだいぶ使ってしまったけど・・・!?
Q. 昨日までの利用料を見たら、「\4000」だって。ん・・・これって使いすぎ?それともまだ余裕あるの!?


■仕様■

●推奨環境:

  • OS: Windows (Windows2000/XP推奨)
  • Application: Microsoft Excel (Excel XP/2003推奨)

●対象プラン:

  • ベーシック・プラン:  プランSS, プランS, プランM, プランL, プランLL、ファミリーワイド

  • バリュー・プラン:  プランSSバリュー, プランSバリュー, プランMバリュー, プランLバリュー, プランLLバリュー、ファミリーワイド・バリュー

  • パケット通信:パケットパックなし、パケットパック10、パケットパック30、パケットパック60、パケットパック90

  • 各種割引サービス: 「新いちねん割引/継続利用割引」、「ファミリー割引」、「ファミ割MAX50」、「ひとりでも割50」、「ハーティ割引」

●診断の仕組み:

◎プランの選択に応じて料金が変動するもの(下記)を基準に、「もし○○プランだったら・・・」を算出して比較してます。

  • プラン名(基本料、無料分、課金率)
  • 割引サービス:(ファミリー割引、継続割引、新いちねん割引など)

◎固定費は除外

プランに影響されず、固定で支払っているものは、除外してます。
なぜなら、ここでは「どのプランがお得なのか?」を見極めるのが目的で、固定費はどのプランでも同じようにスライドして上がるだけだからです。
※固定費: iモード基本料、留守番電話サービス、キャッチホン、転送電話、ゆうゆうコール、メロディコール、e-ビリングなどなど

◎無料の繰越はナシ(切捨て)

実際には使い切れなかった無料分は、翌月に繰越が可能ですが、ここの診断シートでは考慮しておりません、つまり”切り捨て”で検証しています。
なぜなら、仮に繰り越せたとしても先2ヶ月間しか有効ではないため、結果的に無駄(無効)になるからです。 毎月の利用状況って変動しており(個人にもよりますが)、完全にお得プランをフィットさせるのは無理です。少しの繰り越しを残しつつ、キレイに使い切っていけるものが、一番適切なプランと言えるのでは???

◎「診断結果と実際との誤差」の範囲:

  • 消費税は含めてありません。「税別」で比較診断しています。
    つまり診断結果の額に、消費税分を上乗せすると、実際の支払額に近くなる。

  • 固定費は全く含めてありません。
    つまり診断結果の額に、固定費分を上乗せすると、実際の支払額に近くなる。

  •  ここでは採用している「割引サービス」は、プラン基本料金に影響する部分のみで、通話料の割引変動は反映していません。


■使い方(ユーザガイド)■

●ユーザーが準備するもの

  • 自分の利用しているサービスを確認 (プラン名、いちねん割引、ファミリ割引 etc.)
  • 過去の数ヶ月間の[通話料]と[パケット通信料]の料金。
※請求書が残ってれば、料金明細に書いてあります。
※『そんなのナイ!』方は、今後の数ヶ月、頑張って記録を残しておきましょう!
※e-ビリングやe-サイトから『昨日までの利用料』が見れるので、しばらくメモっておくのもいいでしょう。
※通話明細(通話記録)は必要はナシ!
※最大で過去2年分の比較が可能。

●ドコモ請求書の見方(数字の拾い方)別ウィンドウでポップアップ表示

サンプルの③通話料と④通信料の数字をシートに入力していきます。

ドコモの請求書サンプル
※画像をクリックすると拡大画像(GIF)が開きます。

●ドコモ料金案内の見方別ウィンドウでポップアップ表示(昨日までの利用 料金)

ドコモの料金案内サンプル
※画像をクリックすると拡大画像(GIF)が開きます。

●Excelのシート構成:

シート名 内容
[ユーザー情報]

ユーザー歴の利用年数に応じて、【(新)いちねん割引】/【継続利用割引】の割引率を自動計算で算出します。

サンプル画像

[基本設定]

【基本設定(ベーシック)】、【基本設定(バリュー)】で、利用している割引サービスを選択すると、それに応じて、各料金プランの割引後の基本料を自動計算で算出します。

割引サービス: [新いちねん割引]、[ファミリー割引]、[ファミ割MAX50]、[ひとりでも割引50]、[ハーティ割引]

サンプル画像
[基本設定(通話料)]

【基本設定(通話料)】で基本となる通話料を設定します。この課金情報を元に、『もし○○プランだったら・・・』を再計算して算出しています。

サンプル画像
[分析シート]

【分析シート(ベーシック)】、【分析シート(バリュー)】に、毎月の利用料を入力していくと、『お勧めプラン』を分析することができます。

サンプル画像
※画像をクリックすると拡大画像(GIF)が開きます。別ウィンドウでポップアップ表示

【早見表グラフ】

【早見表グラフ(ベーシック)】、【早見表グラフ(バリュー)】は、今月(昨日まで)の利用計から、『今現在、どの辺に位置するのか!?』を見るための早見表です。

サンプル画像
※画像をクリックすると拡大画像(GIF)が開きます。別ウィンドウでポップアップ表示