New Visitors:  since June 21 (Official Open on June 4th 2005) Top | Template | Domain |
User Guide -> ダウンロード → 解凍 → インストール

インターネットで公開されているソフト(シェアウェア&フリーウェア)を使用するために、基本的な知識が必要です。基本の操作手順は3つあります。順を追って説明しましょう。

■基本手順3つ
  1. ダウンロードサイト内にリンクしてます → ネット上にあるソフト(ファイル)をパソコンに取り込む
  2. 解凍サイト内にリンクしてます → ダウンロードしたソフト(ファイル)を解凍する。(※不要な場合もあります
  3. インストールサイト内にリンクしてます → 解凍したソフトをインストールする。(※不要な場合もあります
1. ダウンロード
  1. [インターネット]→[自分のパソコン]へ、ソフト(ファイル)を取り込む(コピー)することを『ダウンロード』と言います。 インターネット上に一般公開されているソフト(ファイル)を使うためには、まずダウンロードします。
  2. ダウンロードのナビ画面サイト内にリンクしてますを追ってクリックしていき、次のようなダイアログが出たら、必ず、[保存]を選びましょう。※そのまま[開く]や[実行]をクリックしてはダメです!
    画面サンプル[保存ダイアログボックス]
  3. 「どこに保存するか?」聞いてくるので、ダウンロード先(保存先)を指定します。
    ※自分が”どこに保存したのか”を覚えておきましょう。
    画面サンプル[保存先の指定]
  4. ダウンロードが完了したら、自分が指定した[保存先フォルダ]を覗いてみましょう。
 
2. 圧縮ファイルの解凍(展開)
多くの場合、ダウンロードしたソフト(ファイル)は、『圧縮』されているので、解凍(展開)する必要があります。 解凍(展開)するには、『解凍(展開)ソフト』が必要です。

※またに、圧縮されていないソフト(ファイル)もあります、その場合は、『解凍(展開)』作業は不要です。

コラム:【例え話】 布団や衣類の収納圧縮袋をご存知ですか?

布団をそのまま収納すると、かさばるので、ビニールに入れて空気を抜いて、圧縮して収納スペースを節約する圧縮袋があります。 ファイルの圧縮も、これに似ています。
さらに、実際に布団を使用するときは、空気を入れて膨らまして、元に戻す必要があります。 それがファイルで言う「解凍」とか「展開」と呼ばれる作業です。

ソフト(ファイル)を圧縮すると、サイズが小さくなるので、ダウンロード時間を短縮したり、 ネットワークのトラフィック(交通)を軽減できるなどのメリットがあります。

●圧縮(アーカイブ)の形式:
圧縮ファイルの形式は、いろいろ(ZIP/CAB/LHA/ARJ/TAR/GZ/Z etc.)ありますが、 インターネット上では、ZIPやLZH/LHAが一般的によく使われているようです。 従って、ZIPやLZH/LHA形式に対応した解凍ソフトを一つ用意しておけば、とりあえずは十分でしょう。

※圧縮されたファイルを「アーカイブ」と呼ぶこともあり、ときどき登場する言葉なので覚えておきましょう。

コラム:【例え話】 エアコンやテレビ、メーカーによって違うでしょ?

エアコンでもテレビでもビデオでも携帯電話でも、どの商品でも、いろいろなメーカーから販売されてますよね。 例えば、テレビ。「テレビを見る」というメインの目的は1つ。けど、メーカーに応じて、デザインや使い方が違ったり、 ユニークな機能や特徴も様々。それと同じで、一言で『圧縮ファイル』と言っても、いろいろな種類があります。 さらに、それを作った作者(開発者)によって、画面のデザインや使い方も違ってきます。 違うと言っても、全然かけ離れて違うわけでなく、テレビのリモコンを例にすると、ボタンの配置やメニューの構成が違う程度で、 どれも基本的な機能は同じ。 それと同じで、解凍ソフトも一度、使い方を把握すれば、どれも似たようなもの。 あとは自分の好きな使い勝手とかデザインとか、好きな作者で選んでもイイかも?で、選べばイイと思います。

●自己解凍型[EXE]の形式:
圧縮(アーカイブ)ファイルの中で、EXE形式の場合は、自己解凍型ファイルとも呼ばれ、特に解凍ソフトを必要としない、 いわば”自動解凍”のファイルです。ダウンロードした後に、そのファイルをクリックするだけで解凍することができます。

ただし、プログラム ファイル(実行ファイル)もEXE形式なので、ファイル名を見ただけでは判別できません。 従って、ダウンロードする前に、サイトの説明をよく読んで、『今から自分がダウンロードするものは、 プログラム本体なのか、自動(自己)解凍型の圧縮ファイルなのか』、しっかり理解した上で操作しましょう。混乱の原因になります。

●解凍ソフトの入手場所:
解凍ソフトは、フリーウェアやシェアウェアとして、ネット上のあちこちで公開されているので、入手は簡単です。 いろいろなソフトがあるので、自分の気にいった/使いやすい解凍ソフトを探すと良いでしょう。

★初心者にオススメ!★
”解凍”の機能だけの『解凍専用ソフト』
→ダウンロード【Lhasa32外部にリンクしてます
→ソフト紹介記事≪Vectorのお薦めレビュー≫外部にリンクしてます
→ダウンロード【解凍レンジ外部にリンクしてます
→ソフト紹介記事≪Vectorのお薦めレビュー≫外部にリンクしてます
★上級者向け★
圧縮機能もついた『圧縮&解凍ソフト』でもイイでしょう。
私が薦めるのは、WinZIP。単に長年使ってるから”慣れ”っていう理由でもあるが・・・

●WindowsXPの場合:

WindowsXPでは、ZIP形式の圧縮ファイルに対応しているので、ZIPファイルであれば、 特別な解凍ソフトを用意する必要はありません。 いつもと同じようにエクスプローラを使う感覚で、簡単に開く(展開)ことができます。

ただし、普通のフォルダと同じように見えますが、そのZIPフォルダは、アーカイブ書庫であるため、 そこからファイルを開くことはできますが、 編集したり上書きしたりする場合には、アーカイブ書庫(フォルダ)の外に出して(移動/コピー) から使用しましょう

画面サンプル[WindowsXPの圧縮ZIPフォルダ]

 
3. インストール
※インストール不要で、そのまま使えるソフトもあります

ソフトを解凍後に、通常はインストールという作業が必要です。
解凍後のファイルの中にある、EXE形式のプログラム ファイル(実行ファイル)をダブルクリックでインストールを開始します。 よくあるのは、[setup.exe][install.exe]など。

ただし、インストール作業は、ソフトによって様々なので、詳しくは、各ソフトに添付されている説明書 ([ReadMe.txt]など)を読んでください。

コラム:【例え話】 インストールって何?・・・本棚を買った話・・・

ある日、組立て式の本棚を買った。家に配送されてくる時は、小さくバラして梱包してあって、 家に商品が到着したら、箱から出して、パーツを組み立てる。部屋の隅にキッチリ置いて、本を並べる。これでバッチリ!

これを例にとって、ソフト(ファイル)の場合を説明しよう。
『家に配送されて梱包を解く』ってとこまでは→『ソフト(ファイル)をダウンロードして解凍する』ってこと。 『パーツを組み立てて、部屋に配置して、本を並べる』→『ソフトのインストール』に相当するだろう。 つまり、簡単に言えば、インストール作業は、”使えるようにスタンバイする”ってことです。 ソフトには動作に必要なシステムファイルはWindowsフォルダに配置したり・・・など、いろいろとルールがある。 けど、ユーザが手動でするのは面倒だし、間違えることもある、初心者には厄介だ。だからクリック1つで自動でやってくれるわけ。 ついでに、不要になった場合の撤去・片付け(アンインストール)も動作するようになっている。

インストール不要の「ダウンロードして、そのまま使えるソフト」もある。 その場合、インストールという名目であっても、単にフォルダを作り、そこにソフト(ファイル)を配置するだけのケースもある。 その時の撤去作業は、単にフォルダごと削除すればイイ。
詳しくは各ソフトに書かれているので、しっかり確認して欲しい。